カーテンサイズの測り方

ホーム » カーテンサイズの測り方

カーテンサイズの測り方

カーテンサイズの測り方

Step.1

カーテン巾を決めましょう

Step.2

カーテン丈を決めましょう

Step.3

フックを決めましょう

Step1. カーテン巾を決めましょう。

巾を決めるには、フックを吊す穴(ランナー)の端から反対側のランナーの端までを測り、算出してください。
算出方法はレールの種類によって異なります。

一般的なレール(機能性レール)の場合

カーテン一般レールの解説

一般的なレール(機能性レール)の場合は、一番外側の吊す穴(固定ランナー)から反対側一番外側の吊す穴(固定ランナー)までを採寸してください。

装飾レールの場合

カーテン装飾レールの解説

装飾レールの場合は一番外側の吊す穴(キャップ)の端から反対側の吊す穴(キャップ)の端までを採寸してください。

注意!

端のランナーから測ります。

採寸は窓ではなく、ランナーの端から端までを測ります。

採寸巾の5~10%プラスしたサイズがカーテン巾となります。

採寸巾 × 1.08 ÷ 2(※1)
採寸巾 × 1.08(※2)

オーダーカーテンの窓の巾と丈の解説

Step2. カーテン丈を決めましょう。

丈を決めるには、フックを吊す穴(ランナー)下から床(窓枠下)を測り、算出してください。
算出方法は窓の種類によって異なります。

注意!

必ずランナー下から測ります

採寸は必ずランナー下から測ります。

出入りのできる窓(掃出し窓)の場合

固定ランナーの下から床までを測ります

カーテンフックを吊る穴(ランナー)下から床までを測ります。

採寸丈 – 1cm(レースは -3cm)

腰までの高さの窓(腰窓)の場合

固定ランナーの下から窓枠下までを測ります

カーテンフックを吊る穴(ランナー)下から窓枠下までを測ります。

採寸丈 + 15cm(レースは +13cm)

出窓の場合

出窓測り方

(1)出窓の内側に吊る場合
カーテンフックを吊る穴(ランナー)下から窓枠の下端までを測ります。
そこからマイナス1~2cm(レースカーテンの場合はマイナス3cm~4cm)がカーテン丈となります。

採寸丈 – 1cm(レースは -3cm)

(2)出窓の外側に吊る場合は、腰窓と採寸方法は同じです。

Step3. フックを決めましょう。

カーテンフックは、レールを隠さない場合(Aフック)とレールを隠す場合(Bフック)で判断します。

レールを隠さない場合(Aフック)

Aフックはレールを隠さない
オーダーカーテンのAフックの解説画像

一般レール(機能レール)に天井付けする場合や、カーテンボックスや装飾レールを利用する場合等、レールを隠さないで吊す場合です。

レールを隠す場合(Bフック)

Bフックはレールを隠す
オーダーカーテンのBフックの説明画像

一般レール(機能レール)に正面付けする場合など、レールが見えないようレールを隠して吊す場合です。

※ご参考:

Aフック(カーテンレールを隠さない場合)の丈の長さ:
丈185cmのカーテンの場合、カーテン生地総丈は186cmになります。
(カーテンレールを覆わない為、フック部より上は1cmのみ出る形となります。)

Bフック(カーテンレールを隠す場合)の丈の長さ:
丈185cmのカーテンの場合、カーテン生地総丈は189cmになります。
(カーテンレールを覆う分、フック部より4cm上に出る作りになります。)